PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
役に立ったらクリックお願いします
FC2ブログランキング/ブログランキング

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

島地黙雷(しまじもくらい)

島地黙雷(1838~1911)は浄土真宗本願寺派の僧。明治維新の際に、神道の国教化に反対し、信教の自由を主張した。


■背景

明治新政府(1868年)の神仏分離令により、神仏習合の終わり

神道国教化政策…神道を日本の国教に
・廃仏毀釈…1868年におきた仏教排撃運動
・神祇官(じんぎかん)の設置(1868年)


■島地黙雷の政教分離運動

黙雷…「教部省の設置を設言」する

1872年教部省の設置
・神道が中心
・廃仏運動
・「敬神愛国等の三条の教則」
・大教院の設置…神主仏従の神仏合併の形式

黙雷らの批判…1875年、大教院の廃止

■結果

・教部省の設置(1877年廃止)
・神仏分離・信教の自由獲得の努力
・大教院の廃止

スポンサーサイト
役に立ったらクリックお願いします
FC2ブログランキング/ブログランキング

| 歴史≫用語ノート | 02:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kepty.blog15.fc2.com/tb.php/8-e7d39a08

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。