PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
役に立ったらクリックお願いします
FC2ブログランキング/ブログランキング

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【東北遠征】①大雨の八郎潟

いざ東北へ
東北新幹線こまち
せっかく休みなのだからどこかには行かなければ。
「休みが終わって何もなかった」そんな去年と同じ休みはいやだ。
半ば、焦りに追い出されるように東北の地に立っていた。

休みの計画はなにも立てていなかった。そこで昨日いろいろと考えた。きっちり計画を立てないと動けないくせに、それをするのが非常に面倒で億劫だ。突然考えてもしっかりまとまらない。最初は九州に行く予定だった。その後、黒部ダムを見に行こうか、合掌造りを見に行こうかと考えるも、突然東北に決めた。

東北は、記憶にある中で二度目。一度目はツアーであったが、なかなか良かった。その記憶と何よりもこの日程。8月の5日。東北の四大祭りがお集まる日だ。その日にちだけでも、東北に行く理由になった。


八郎潟へ
大潟富士
5時半に出発するも、予約もせずに出発したので、新幹線が満席だった。1時間遅れて出発し、最初の目的地、八郎潟に到着したのが3時半。約9時間かけて無人の駅に降り立つと、そこは雨だった。久々の雨男発動に嘆いている時間もない。せっかくの大きな荷物(自転車)が、本当に大きな荷物で終わってしまう。雨の中、日本一低い標高0mの大潟富士を目指した。

八郎潟は、かつて日本第二の湖であった場所を干拓した土地である。そのため、周囲の土地は海面よりも低く、そこに3.776mの土を盛ったのが、大潟富士である。

この八郎潟は、食糧増産のため農地確保として作られたものであるため現在もただ広い水田が広がっているのみである。
大潟村 


スポンサーサイト
役に立ったらクリックお願いします
FC2ブログランキング/ブログランキング

| 社会科の旅 | 16:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kepty.blog15.fc2.com/tb.php/63-1ffc5fc3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。