PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
役に立ったらクリックお願いします
FC2ブログランキング/ブログランキング

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

'08公立高校入試対策(大阪府後期・直前編)

大阪府の後期入試も、いよいよです。
そこで今回の後期入試の社会科のポイントを書こうと思います。


三年間の集大成の直前チェックにご利用ください。


昨年の入試問題は、大阪府教育委員会のホームページで入手できます。

大阪府教育委員会平成19年度の入試問題

それでは、どうぞ!


1)問題の形式

前回をご覧ください。
ちなみに、前期のテストの範囲(解答)がでる確率は低いですが、一年前や二年前に出ている範囲が今年も出る確率のほうは高いです。
後で書きますが、歴史に関しては何年も連続で出ている範囲があります。




2)解き方

こちらも前回を一通りご覧いただき、さらに具体的に見ていきましょう。

地理では、多くがその国や地域のの特徴的な内容が問題文に入っていることが多いです。それを見つけ出して答えるようにしましょう。
それが例えグラフや図の問題でも一緒です。そのグラフや図も必ずそれぞれの国や地域の特徴があらわされている部分があるのです。
そこを見つけるのが最初です。

歴史は、前回の通り重要語句が選択肢に混じっている可能性が高い範囲です。それら語句を知っていて理解しているかという、大前提があれば楽に解けるでしょう。「同じころの~」という問題が苦手な人はもう一度教科書を読み直してください。教科書の順番が歴史の順番、同時代だと思ってもらっても構いませんよ。

公民は、基本的な語句を答えさせる問題もあれば、そうでなく図などを読み取る総合問題もあります。昨年度は後者でした。こういった問題は逆にいえば知識がなくてもよく読んでみると答えられる問題なのです。「うわ、もうだめだ」とか思わずに、よく読んで解きましょう。




2)各分野ごとの対策

それでは各分野ごとの直前対策を見ていきましょう。


A.地理

世界地理では、それぞれの国の特徴を抑えましょう。ちなみにどういう地域が出るかというと、
15年→アメリカ、EU、東南アジア
16年→EU
17年→南米、東南アジア
18年→東南アジア
19年→EU

となっています。これら地域の国の特徴を何かひとつづつでも押さえておけばかなり有利になります。
また、出ている国もかなり限られています。前回と合わせて、もう一度見直してみてください。
日本地理も基本的に一緒です。ただ、ヒントになるひとつのものとして、(言い方は悪いですが)その地域が都会か、田舎かということは大いに利用できます。イメージ通り、都会人口多・工業などの特徴があるからです。田舎では人口少・農業などの特徴が当てはまります。
他には時差の問題や地形図の読み取りができるかはもう一度確認しておきましょう。


B.歴史

歴史は、やっぱり語句の確認が一番でしょう。同時代に関しては教科書の確認で。というのも、教科書で同単元のものはほとんどが同時代のものです。教科書が時代に沿って作られているので当たり前なのですが。それから、戦後(1945年以降)の年代に関しては少し細かく把握しておいた方がいいと思います。


C.公民

これまで以上に、考える力を試す問題といった傾向が強くなっています。でもそれは、もしそのことについてあまり知識がなくても解ける問題とも言えるのです。しかし、やはり基本は持っている知識から考えて説く問題です。もう一度、文化・エネルギー・自然・環境問題などについて復習しておくといいと思います。




以上、こんな感じです。
さあ、最後のあがきでとう変わるか。変わるんだなー、これが。
それでは、皆様の健闘を祈ります。


スポンサーサイト
役に立ったらクリックお願いします
FC2ブログランキング/ブログランキング

| 高校受験対策 | 16:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kepty.blog15.fc2.com/tb.php/58-84f77275

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。